マレーシアで畳の入れ替え / 茶室・天然い草

2020/03/02

マレーシア、クアラルンプールでイグサ畳納品しました!

 

マレーシア、クアラルンプールの日本人会にはお茶室(和室)がるのを皆さんご存知ですか?

きちんと炉もあり、裏千家、表千家の方々がお茶の作法なども教えているそうです。今回はそんな
日本人会さまからのご依頼。(実際に納品したのは2017年です。古くてごめんなさい。)

やはり畳をみると落ち着きますね。

一見簡単そうに見える畳の交換ですが、実は結構難しいって皆さんご存知でしたか?きちんと採寸しないと、
畳と縁の間に隙間が空いたりしてしまいます。見た目には四角く見えても実測してみると少し台形だったり、
ひし形だったりするんです。

そう、そんな畳の改修工事をさせていただいたのが、何を隠そうフォーリーフ 、マハール でございます。

畳入れ替え前
畳屋さんがないため表替えができず随分と疲れてしまっていましたが、、、、

 

入れ替え後

はい!ご覧の通り~ い草のいい香りがする快適な和室に仕上がりました。


周りの壁紙も入れ替えてスッキリ。

今回は、日本人会ということもあり、かつお茶の作法が行われるため天然のい草での納品となりました。
何が大変かって、、、、検疫で時間がかかること。結局3ヶ月ほどかかってしまいました。

積水の人口畳MIGUSAの畳表であれば、納期は1ヶ月ちょっとで入りますので、ご自宅に、お店に畳を
入れたいお客様は遠慮なくお問い合わせください。

 

ではでは。

一覧へ戻る